参考資料・刊行物のご紹介

作成のねらい

ここで準備している参考資料・刊行物は、金融機関にお勤めの方が企業を知財の観点から見ることで、「売上の源泉となっている強み」「将来の成長を支える製品競争力」「製品競争力の根拠となる開発体制、権利」について理解を深め、「経営者とのコミュニケーション」「企業の将来性や経営ニーズの理解」「金融機関としてのソリューション提案」といった業務活動に活用することで、企業の支援に一層お役立ちできることを目的に作成しました。

金融機関に求められる役割は、適切な企業支援のため、財務資料だけでなく知財を含めた幅広い視点から、取引先企業の現状と先行きを見極めることであり、その必要性は今後一層高まってくると考えられます。
企業実態を踏まえた融資対応やその他のソリューション提案力を発揮させるためにも、ここで提供する参考資料や刊行物等をご活用いただきたいと考えます。

知財金融促進事業 中間取りまとめ

これまでの知財金融の取り組みを振りかえります!

平成26年度の試行を経て、中小企業知財金融促進事業としては、平成27年度から希望する金融機関に知財ビジネス評価書を提供してきました。
その他、伴走型支援と呼んでいる個別金融機関における組織的な取り組みの支援、知財金融マニュアルの作成、普及啓発活動、金融機関職員向け研修、委員会活動等を通じて知財金融に係る様々な取り組みも行ってきました。
知財金融に取り組む金融機関の裾野は全国に広がっておりますが、この度、金融機関における知財金融の取り組み状況や本事業の成果と課題等を「中間取りまとめ」として整理いたしました。

知的財産についてこれから勉強される方

知財金融の実態に関するアンケート調査結果

金融機関の皆様を対象に、知財融資制度や知財に関する取組状況の実態を把握する目的で、アンケート調査を実施しました。
調査結果の概要を掲載いたしますので、ご参照ください。

<平成29年度実施分>

<平成28年度実施分>